« オリキ?いったい何? | トップページ | 美白の化粧品 »

2015年2月21日 (土)

学校など大勢での集団生活をする際に、花粉症の為にクラスメイトと一緒に外で思いきり活動できないのは、当事者にとっても悲しい事でしょう。

健康を推進するWHOは、UV-A波の度を越した浴び過ぎは皮膚の病気を誘引するとして、18歳以下の人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する行動の禁止を強く先進国に勧めています。

体を撫でることなどで、人間が動物をとても愛おしいと感じるとホルモンのオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを軽減したり精神の癒しなどに結びつきます。

内臓脂肪タイプの肥満が診られ、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上相当するような健康状態のことを、メタボと名付けています。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に機能する糖分、新陳代謝に必ず要るタンパク質など、過度の痩身ではこの2種類に代表される活動を維持するために外せない栄養成分までも乏しい状態にしている。

うす暗い場所だと光不足により見えづらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーが必要になってしまい、光の入る場所で物を見るよりも疲れやすいです。

高熱が特徴のインフルエンザに適応した予防テクニックや処置も含めた基本の対処策は、それが例え季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザであっても同じなのです。

耳鳴りは2種類に大別され、本人しか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人に加えて他の人にも高性能マイクロホンなどを使用してみると響いてくるという「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

拡張期血圧90以上の高血圧が長期間継続すると、全身の血管に大きな負荷がかかった挙句、頭頂からつま先までいろんな血管にトラブルが起きて、合併症を発症してしまうリスクが高くなると言われています。

ストレスが蓄積してしまう構図や、便利で有用なストレス緩和策など、ストレスについて深い知識を学んでいる方は、現時点ではまだ多くないようです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在る血糖値に深く関与しているβ細胞がダメージを受けてしまったことで、その膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなってしまい発症するという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

素人が外から見ただけでは折れているのかどうか不明な場合は、怪我をしてしまったポイントの骨をゆっくり触ってみて、もしその位置に強い痛みを感じたら骨折の疑いがあります。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になってしまった後に売られ、新薬と変わらない成分で金銭的な負荷が小さくて済む(クスリの金額の安価な)後発医薬品です。

男性だけにある前立腺は活動や成長にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても大きく関わっていて、前立腺に発生したがんも同様に、雄性ホルモンの働きによって肥大化します。

「肝機能の減衰」については、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの数値によって判断することができますが、特にここ2、3年肝機能が衰退している人がだんだん増えているとのことです。

プチ情報通なわたし★
健康第一元気元気!!
金井式あがり症改善法実践セミナーDVDは本物!!

« オリキ?いったい何? | トップページ | 美白の化粧品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1422505/59009763

この記事へのトラックバック一覧です: :

« オリキ?いったい何? | トップページ | 美白の化粧品 »

無料ブログはココログ